読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうぐれぞらの窓際から

流行り廃りにとらわれず、自分のスタイルを貫きたい。そんなオトナカードゲーマーのためのネタ帳。デュエルマスターズがメイン、バトルスピリッツとヴァンガードが少々。

デュエルマスターズ:行き過ぎたバカ騒ぎ。

デッキ デュエルマスターズ

そういや秋田CS出てたのですが結果は聞かないでください安定の養分勢です。
やっぱにわかガチ勢を決め込むよか好きなものを気ままに作ってた方が性にあってるみたいです(無限マナから言い訳トークンを3000体用意しながら

 

で、その会場に持ち込んでフリーで回してたデッキ。すんげえ楽しい。

  • その日殺し
  • クリーチャー
  • 4x 闇戦士ザビ・クロー
  • 4x ねじれる者ボーン・スライム
  • 4x 否男
  • 2x 光線人形ストリウム
  • 4x 威牙忍ヤミカゼ・ドラグーン(ニンジャ・ストライク)
  • 4x 凶気の影スカル・メルディ
  • 3x 死神竜鳳ドルゲドス
  • 4x 凶戦士ブレイズ・クロー
  • 4x 紅風の盗賊ビューラー
  • 4x 地獄のケンカボーグ
  • 呪文
  • 3x キリモミ・ヤマアラシ

闇・火文明による速攻デッキ。1ターン目からの高速展開で反撃の隙を与えないまま攻め倒します。

隠し味が「手札ゼロ」。
「ノー・チョイス」能力を持つ《凶気の影スカル・メルディ》に、自分が手札ゼロならスピードアタッカーとなる《紅風の盗賊ビューラー》。この2体が、手札ゼロというピンチをチャンスへと変えてくれます。
もちろん、意識的に手札ゼロを目指していくための工夫もちらほら。相手のブロッカーを無理矢理突破する《威牙忍ヤミカゼ・ドラグーン》に、手札を消費しながらスピードアタッカー能力を追加してくれる《キリモミ・ヤマアラシ》。ふたつの計算外を駆使しながら、勝利へと突き進みましょう。

 

構築難度的には17~9弾あたりのカードも入っていて探すのに苦労しそうですが、レアリティの高いものはないので言うほど難しくないはず。
《ストリウム》《ビューラー》あたりは昔からやっているプレイヤーに持っていないか相談してみましょう。

--------------------->8=================

舞台裏としては、デュエル・マスターズの兄貴分、マジック・ザ・ギャザリングの新エキスパンション「ラヴニカへの回帰」の発売決定記念。劇中に登場するギルドのひとつ「ラクドス教団」をリスペクトしてます。
黒と赤のギルドカラー、自分の手札がない状況で発動する「暴勇」能力※。ラクドス・ギルドが持つ刹那的な暴力性を表現できていればいいなー、と思います。

 

※「暴勇」はディセンションでのキーワード能力。ラヴニカへの回帰では「解鎖」能力が割り当てられております。あしからず。